腎臓ケア

穀物不使用のキャットフード

キャットフードの多くは穀物をベースにして作られています。
たとえば、お米やトウモロコシなどを含んでいて、これを基本として作っているのです。
それに他の材料を組み合わせて最終的にはキャットフードとなります。
肉類やビタミンなどの栄養を添加することで、キャットフードは商品化されています。
この穀物についてはあまりネコの健康にとっては良くないという意見が多いようです。
そのため、フードの質にこだわっている方は、穀物が含まれている商品を避けることが多いです。

野菜入りを売りにしているキャットフードもあれば、
最近は穀物不使用のキャットフードも増えました。
ネコのことを考えるならばそちらを使ってみることも考えましょう。
ネコは本来肉食動物なので、穀物を与えすぎると体に異変が生じることがあります。
穀物不使用であり、新鮮な肉類を使っているキャットフードを与えると、ネコは効率よく栄養摂取できるようになり、健康にも大きく寄与するのです。

ただし、穀物が含まれているから必ずしも悪いわけではありません。
フードの中には穀物を分解するための酵素が含まれていることがあり、この力によって穀物を問題なく吸収できるからです。
しかし、質の低いキャットフードの場合はこの酵素が入っていなかったり、きちんと働いてくれないケースが多いです。
そんなときには穀物使用のキャットフードがネコにとっては悪いものとなってしまいます。

穀物を含まずに自然に存在する状態のエサを与えることが流行りとなっています。
自然派なキャットフードが多数出ているのでよく調べてみましょう。
その中からネコが美味しく食べてくれて、健康上の効果を期待できるものを選ぶとよいでしょう。
安くて質の低いエサを与え続けてしまうと、寿命が縮んでしまうことがあります。
長生きさせるためにも、キャットフードへのこだわりを忘れないで下さい。
オーガニックであり、自然のものを与えることを目指しましょう。
最近はきちんとネコのことを考えて作られたキャットフードがあります。


Copyright© 2011 猫のために必要知識 All Rights Reserved.