腎臓ケア

子猫のためのキャットフード

人間は特に赤ちゃんや子供には大人とは違う食事を与えなければいけないことがあります。
体を大きくして成長する時期なので、その時に与える食事の内容はとても重要なものとなります。
これは猫でも同じことなのです。
子猫のために考えて作られたエサを与えないといけません。
そして、キャットフードの中には子猫用として作られているものがあります。
子猫を育てている方はこちらを選びましょう。

子猫の定義としては生まれてから1歳までの間の猫がそうです。
子猫がきちんと成長するためにはどのような栄養が必要であるのかをよく考えて作られています。
以外であると思われるかもしれませんが、成猫よりも子猫の方がより多くの栄養を必要とします。
人間の場合は成人をした後でも昔と変わらない量を食べる人が多いのですが、多くの動物は成長期や赤ちゃんの時期により多くのエサを必要とするのです。

子猫用のキャットフードは栄養価が高いので、子猫にしか与えてはいけません。
もし、それを成猫に与えてしまうと栄養価が高すぎるので猫が太ってしまいます。
また、離乳食として与えるのであれば、お湯でふかした方が良いでしょう。
子猫の時期にきちんと栄養を与えられたかどうかによって、それ以降の猫の成長の仕方が大きく左右されてしまいます。
猫に幸せな生涯を送ってほしいと願っているのであれば、特にこの時期のエサに気をつける必要があります。

生後6ヵ月以降は食事回数を2回としましょう。
離乳食の場合は3回や4回程度に分けた方が良いです。
子猫用のキャットフードにも色々な種類があるので、その中からよく選んでください。
きちんとしたキャットフードを与えてあげることが大切です。
成猫に与えるキャットフードよりも、さらに質を重視すると良いでしょう。
骨格や筋肉を形成するためには栄養が欠かせないものとなります。
1歳以上になったら、成猫のためのキャットフードに切り替えましょう。
それぞれの年齢にあったものを与えることが重要です。


Copyright© 2011 猫のために必要知識 All Rights Reserved.