腎臓ケア

手作りキャットフードとは

キャットフードは市販のものを購入するだけではなくて、自分で手作りのものを与えてあげることもできます。
手間はかかりますが、材料はすべて自分で把握することができて、栄養のバランスを考えて作ることができるため、猫の健康にとっては良い効果を与えるでしょう。
しかし、ちゃんと色々なことを考えておかないと、市販のキャットフードよりも質の悪いものを与えることになってしまいます。
猫のことを考えて丁寧に作りましょう。

手作りのキャットフードだけで猫を育てるのはかなり難しいです。
その理由は猫の年齢や体重などによって細かく中身を変えてあげなければいけないからです。
キャットフードには豊富な成分が含まれているため、栄養の過不足がないようにしてあります。
一方、自分でキャットフードを作る場合は栄養が不足してしまう可能性もあります。
きちんとした知識がないと、いいかげんなキャットフードを与えてしまうことになります。
猫が健康に生きていくための栄養を摂るならば市販のキャットフードが一番良いのです。

あくまでもたまに与える程度ならば良いでしょう。
自分の作ったエサを猫が食べてくれるのはとてもうれしいものです。
それによって、猫の方も喜んでくれるでしょう。
お互いの信頼関係を築くためにも週に一回程度であれば、手作りのキャットフードを与える習慣を作るのも悪いことではありません。

注意点としては猫のアレルギーには気をつけましょう。
それぞれの猫がどのような物質に対してアレルギーを持っているかはわかりません。
市販のキャットフードはアレルギーに配慮した製品が多いですが、自分で作る場合は細かい配慮にかけていることが多いのです。
アレルギーは猫を苦しめてしまうことになるので、絶対に避けるべきものです。

キャットフードを手作りするためには、猫がどのような栄養を必要としているのかを把握しましょう。
基本的にタンパク質が最も重要となります。
肉食動物であるということを理解しましょう。
したがって、穀物は基本的に不要です。
一生懸命作ってあげましょう。


Copyright© 2011 猫のために必要知識 All Rights Reserved.